Office Jam 一口知識: ウコンとは?

ウコンとは
琉球王朝琉球王朝の時代から親しまれてきた生薬
生姜科に属する植物です。「肝臓の薬」とも呼ばれています。花は綺麗
さてこの「肝臓の薬」とは、お酒を飲む方に関係します。
ウコンにはアルコールの分解の過程で発生するアセトアルデヒドという二日酔いの原因となる物質の分解を早め、また胆汁の分泌を促進する働きがあります。
さらにウコンには殺菌作用もあり、腸内の有害な細菌を減らすのにも役立ちます。また強い渋みが唾液や胃液の分泌を促し、肝臓だけでなく胃の消化力を高める効果もあります。
ウコンの成分は色素成分のクルクミンと精油です。
クルクミンには体の防止、肝臓を通しての体の清浄、いわゆる血液中の有害物質をきれいにする働きを助けます。
精油は殺菌作用が強く体内で悪さする細菌などど戦っています。


ウコンの種類
春ウコン キョウオウ 春に花をつけ根は淡いクリーム色
薬用に用いられ、辛味と苦味が強い
秋ウコン ウコン 秋に花が咲き根は鮮やかな黄色。
主に色づけに用いられカレーや沢庵の黄色はこちらのウコンです。尚英語ではターメリックです。
紫ウコン ガジュツ 夏に花が咲く
根はやや青みを帯びた白。精油の解毒作用が強い。


トップへ