フラワーアレンジメント教室
日高ちひろフラワースクール

フラワーアレンジメント教室

  1. レギュラークラス
  2. フローリストクラス
  3. ワークショップ
  4. 体験レッスン

フラワーデザインの作品集

  1. バックナンバー
  2. スタイリッシュに
  3. ウエディング

海外花留学 イギリス花専門学校

  1. 英国フラワースクール フラワーデザイン・オブ・ブリテン
  2. Flower Design of Britain

フラワーアレンジメントと花の基礎知識

  1. フラワーアレンジメント
  2. お花について
  3. お薦めのお花
  4. 水揚

フラワーリスト

  1. 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008

花ブログ

コラム

  1. 先生からのメッセージ

リンク

ご連絡・お問い合わせ

  • info @ act-flower.com

日高ちひろのコラム

もっと素敵にフラワーアレンジメント 毎月のフラワーデザイン集

最近の流れ

フラワーアレンジメント教室 生徒募集
ヨーロッパのブライダルではナチュラルで自然志向が強まり、庭で花を摘んできたような軽くて動きのあるブーケがかなり流行っているとの事。柔らかいステムの花を組むブーケは先月に作ってみましたが、しっかりとマスターするために、今月もチャレンジしました。回数を重ねるほど皆さんうまくなってくるのが感じられます。2つのブーケ横から見るとほぼパーフェクトです!

7月のレッスン

 

今月のお花

白と緑のお花を揃えました。

アネモネ スプレーバラ 'ウエディングドレス' アンスリューム 'ザフィラ' アンティークタイプ
左から 夏に咲くアネモネ5日位しか持ちませんが可愛いです。中央は夏咲のバラ 'ウェディングドレス' とてもノーブルで目を惹きます。一番右、南米原産のアンスリュームは夏には外せない存在。花は中心部の肉穂花序(ニクスイカジョ, spadix)の部分、周りは葉の変化で色が付いたもので仏炎苞(ブツエンポウ, spathe)と呼ばれます。他にもこのような形態の植物はありますね。例えばアジサイとかポインセチア、赤い部分は葉なのだそうです。 

孔雀草キク科の仲間からは孔雀草。葉は絶対に水につけない事をお約束とし、茎をきれいに保ち、ナイフで斜めにカット。さすがにキク科かなり長持ちしています。7月のフラワーリスト








美容院へのお届け

夏色の敷物 器もデザイン お届けのお花
敷物からインスピレーションを得てどうしても夏色を使いたく、探したら丁度よい資材が出てきました。シサル麻と竹のステック。 実はペットボトルがベース。クリアな花瓶がない時はこんなものでも代用できます! 

ユニークなアイディアはイギリス人の師匠がよく教えてくました。今年も現地でお目にかかる予定です。みなさんご一緒しませんか?↓↓

 

英国 フラワースクール レッスン

フラワーデザイン・オブ・ブリテン 英国フラワースクール ヨーロッパクラス2017毎年10月にイギリスで行う花のエキスパートたちのレッスン。今年は26日から4日間。今年はイギリスを代表するスタイリストが繊細なウエディングブーケを一日担当してくれます。数々の競技会で多くの賞を取っている方、どんなブーケが出てくるかとても楽しみです。詳しくはフラワーデザイン・オブ・ブリテンのページで


生徒募集

フラワーアレンジメント教室 府中市 生徒募集中生徒募集 info@act-flower.com